ドル円押し目買い サポートラインを意識してのエントリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは、wataです。
今回はドル円押し目買い サポートラインを意識してのエントリーとして考察記事を書いていきます。

11月28日ドル円15分足
usdjpym15-1128

ドル円の15分足、週明け月曜、窓を開けてのスタートになっています。そこから下方向へ動いていましたが押し目を付けて上方向への動きを見せた為エントリー。黄色〇のとこでエントリーです。アメリカ大統領選を境にダウントレンド気味のチャートからブレイクしてアップトレンドに切り替わっている為、買い方向でのエントリーです。
アメリカ大統領選後のエントリー記事はこちら

さて、窓を開けてのスタートだったんで窓埋めの方向に動いたので窓埋め辺りに利食いを設定しようと思ったのですがチャートを見て少し違和感を感じました。
それは・・・

11月28日ドル円15分足
usdjpym15-1128-2

青枠で囲った辺り、分かりますかね?このサポートラインで3回反発しているんですね。3回ほぼ同じ値の辺りで反発しているのでここのラインが相当強いと感じました。3回反発したサポートラインを突き抜けてまた戻ろうとしている辺りでのエントリーですが、どうしてもこのラインが気になります。リスクを負いたくない自分としてはこのサポートラインの辺りを利食いポイントにしました。サポートラインがレジスタンスラインに変わることがある為です。青枠のラインが相当強ければそこでまた反発して下に行くことも十分に考えられますからね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

エントリーポイント、利食いポイントの根拠

  • トレンドがブレイクして買い方向が優勢。
  • 窓が開いているため、窓埋め方向に動いた時点で窓埋め方向に動く可能性が高いと判断。またアップトレンドになっている為、上昇する動きが強いと考えた。
  • 押し目を付ける前に3回反発しているサポートラインがある。ほぼ同じ値で反発していることを考えると相当強いラインだと感じた為、その辺りを利食いに設定。

トレード結果

11月28日ドル円15分足
usdjpym15-1128end

黄色のラインの辺りで利食いです。やはりかなり強いラインでしたね。窓を埋めることなくそこからまた下方向へ動きました。こういった同じ値の辺りで反発しているラインがあればそこは強めのラインの可能性が高いのでその辺りを利食いに設定した方がリスクを減らせると思います。強いと思ったラインで反発しなくてもそれはそれでいいと思います。大切なのは勝つことではなく負けないことですから。極力リスクは減らしてトレードしていきましょー。

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする