ユーロ円戻り売り トレンドが出ている時は積極的にエントリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは、wataです。
今回は8月15日ユーロ円の戻り売りトレードの実践考察を書いていきます。

同じ日にドル円の戻り売りのトレードもしています。

8月15日ユーロ円チャート図

8gatu15-eurjpy-enntori-30

黄色の矢印がエントリーしたポイントになります。
同じ日にドル円の戻り売りトレードをしていますが、チャートの形がほぼ一緒です。
これが何を意味するのかとゆーと、
円高円安とは?の記事でも書きましたがドル円のチャートは円に対するドルの価値。
ユーロ円は円に対するユーロの価値の値動きを表しています。
と、ゆーことはどーゆーことか?

答えは円の値が動いているとゆーことです。つまり円の売りが進んでいるため、ドル円、ユーロ円ともにチャートが下降しているんですね。その為、ダウントレンドが形成されています。
であればトレンドの流れに沿ってエントリーする方が間違いなく勝率は高いと思います。

ユーロ円日足
8gatu15yu-roenn-hiasi

日足で見てもダウントレンドを形成しているので売りで入って間違いないでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

エントリーした根拠

  • ドル円、ユーロ円ともにダウントレンドの為、円の売りが進んでいる。トレンドに沿って売りで入るのが有利と判断。
  • 長期足でみた場合でもダウントレンドの為、下方向への動きが強いと判断。

トレード結果

8月15日ユーロ円30分足
8gatu15yu-roenn-enndo2

黄色の〇で囲った辺り、見づらいですが赤矢印のところで利食いです。
やはりトレンドが発生している時は流れに沿ってエントリーしていくのが勝率は高いですね。

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする