圧倒的な映像美!とにかく画質にこだわるならば有機ELテレビ LG OLED TVシリーズ 今、買うべき?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは、wataです。
今回は家電、テレビについてです。
近年テレビの大型化が進んでおり50インチ以上のテレビがデフォルトになってきましたね。価格が数年前に比べて格段に下がってきているってのもありますし。今では50インチの液晶が10万円以下で買える時代になりました。何より本体サイズが小さくなり画面自体は大きくなっている為、大型のテレビを選ぶ人が増えています。そして今や時代は4K画質の時代になってきましたしね。フルハイビジョンの4倍も高精細な4K。ブルーレイの規格も次世代の4K/HDR対応の新Blu-ray「Ultra HD Blu-ray」にうつりかわってきました。
皆さんも地デジに移り変わるってことでテレビを買い替えた方多いと思います。その当時と今では比べ物にならないぐらい画質も機能もよくなってきていますね。
で先日家電量販店に行った時気になるテレビ見つけました。有機ELテレビってやつです。
現在日本ではLGエレクトロニクスから発売されているLG OLED TVシリーズしか販売されてないみたいですね。
気になったんで色々調べてみましたんで、メリットデメリット、今買うべきかどうか個人的な意見まとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

有機ELテレビのメリット

1・黒の表現力
まずは有機ELパネルの特徴でもある自発光式のディスプレイによる本当の「黒」の表現力ですね。液晶の場合、液晶パネル裏側にあるバックライトが画面全体の光源となり、パネルを通して画面を映し出す仕組みです。黒を映した時って構造上後ろから来た光をパネルが遮断したときに黒くなるんですが、どうしても光が漏れてしまうんですね。対して有機ELは、後ろからパネルを通して画面を写すのではなく、パネル自体が発光し、黒を表現する場合パネル自体が消灯するんですね。つまり、液晶と違いバックライトによる光漏れがないんです。そもそもが光っていない状態なので光が漏れていない状態の本当の黒「漆黒」を再現することができるのです。黒の表現てとても大切で黒がしっかりしていると他の色が際立つんです。だからキレイなんですね。

2・応答速度
液晶の1000倍の応答速度と言われている有機ELパネルを搭載している為、なめらかさが素晴らしいです。有機ELテレビは電圧を変えるとすぐ反応して、瞬時に色の強弱や発光のON、OFFを切り替える事が出来ます。動きの早い映像も滑らかに表現することができるんですね。対して液晶テレビはバックライトを使って画面に表示させているため、電圧が変わってから画面表示が変わるまで多少のタイムラグがあり、それが残像の原因になるんですね。まぁ最近の液晶テレビは応答速度が改善され、かなり滑らかな映像を表示できるようになりましたが有機ELテレビには敵わないでしょう。

3・コントラスト比
明るい色と暗い色の差(コントラスト)があればあるほど、ハッキリとした映像を表示することができます。最新の液晶テレビのコントラスト比は1:3000、対して有機ELテレビは1:10000です。どーゆうことかとゆーと、黒の輝度が1とした場合、液晶の場合は白の輝度が3000。それにに対して有機ELは白の輝度が10000です。白はより白く、黒はより黒く表現できるためメリハリのある映像を映し出せるんですね。

4・視野角
液晶テレビって斜めから見ると画面が見づらくなりますよね。白っぽくなるっていうか。有機ELは視野角が180度です。どの角度から見てもはっきりとしたクリアな映像が楽しめます。

有機ELテレビのデメリット

1・値段
高いです。今では4K液晶テレビが10万円台で買えますが、LG OLED TVシリーズに関しては最も安いモデルのOLED55B6P [55インチ]でも25万円超えてきますからね。ハイエンドモデルである OLED77G6P [77インチ]に関しては300万越えてるんでもう一般人には手が出せませんね。つかテレビに300万とか・・・

2・寿命が短い
液晶テレビに比べると寿命が短いです。液晶ディスプレイが6万時間と言われているのに対し、有機ELディスプレイはその半分くらいの1.5~3万時間らしいです。1日8時間の視聴で5年~10年は使える計算ですね。1日5時間の視聴だと8年~16年使えますね。普通に使う分には問題ないかと。まぁパネル自体の寿命よりもその他の部品が先に壊れる可能性の方が高いんでパネル寿命に関してはそこまで気にする必要はないかと思います。

3・焼き付き
長時間同じ画面を表示し続けることでその部分が焼き付いてしまい消えなくなってしまいます。これはブラウン管やプラズマでもありましたね。普通に使う分には問題ないと思うんですがね~・・・店頭のデモ機なんかでは焼き付きの報告があるみたいですが、あれは一日中同じ画面を映してますからね、普通に使う時は同じ画面を一日中ってのはないと思うんでそこまで考えなくてもいいと思います。

4・直射日光に弱い
直射日光が当たる場所だと画面が見づらくなるらしいです。屋外でスマホ見たときみたいに反射してかなり見ずらいらしいですね。こればかりは構造上どうしようもないんで日当たりのいいリビングなんかで昼間テレビ見る機会が多い人なんかは液晶を選んだ方がいいと思われます。実際に確認したわけではないので分かりませんが日光当たると見ずらいみたいですね。

5・消費電力
理論上は液晶に比べ有機ELの方が省電力みたいですが、今の時点では有機ELの方が消費電力は大きいみたいですね。液晶の50型クラスが約120~160Wくらいに対してOLED55B6P [55インチ]で360Wみたいなんで倍以上かかりますね~。
電気代を24円/kwh(一般家庭の平均電力量単価)として計算すると、
50インチの液晶テレビが1時間あたり2.88円~3.84円なのに対し
55インチの有機ELテレビだと1時間あたり8.64円かかりますね。
年間の消費電力を計算すると1日5時間の視聴で液晶は5256円~7008円、有機ELだと15768円です。使用状況によっても変わってきますし、あくまで理論上の数字ですから目安として考えてください。

まとめ・今買うべきか

長々と書いてきましたが要は何を重視するかです。画質を重視するのか、値段を重視するのか、どんなものにも良い点悪い点は必ずありますからね。ただ「画質」という点で見れば現時点では間違いなく有機ELテレビでしょう。2017年にはPanasonicで有機ELテレビを国内向けに発売するみたいですね。(欧州では発売されてるみたいです)今後有機ELテレビの開発が進めば欠点が改善されたものがどんどん出てくるでしょう。今はまだまだ出たばかりなのでこれからという感じですね。反対に液晶テレビは完成形に近づいている気がします。ただ、僕は今有機ELテレビは買うべきだと思います。
その理由として、
今買っとけば有機ELテレビが普及して欠点が改善され完成形になった辺りで買い替えのタイミング
になると思うからです。
逆に寿命が短い方がいいんですよ、映るうちは中々家庭の許しが出ないと思いますが、ぶっ壊れちゃえば買う理由付けになりますからねー!大体保証が切れた辺りが壊れ始める時期ですから。そう考えると地デジに切り替わってテレビ買ってそろそろ変え時だなーって話なって有機ELテレビ買っちゃえば次買い替えの時にはより進化したテレビ選べますからねー。
「そんなに頻繁に買い替える気ないよ、高い買い物だもん長く使いたい」って人は今買い替えるなら液晶テレビでしょう。非常に完成度高くなってきてますんで。
何年かしたら買い替える気がある人は有機EL、この先長く使い続けたいって人は液晶テレビですかね。今買い替えのタイミングではない人はも少し待ち、で。
有機ELはまだまだ出始めでこれからに期待ですからね~。
以上、テレビについてでした。

僕のおすすめはこのモデルですね。一番下のモデルですが現実的な値段で実際買えるのはこの辺ですよね。機能面でもこのモデルで十分だと思います。

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする