ユーロドル窓埋め狙い トレンド方向に向かっていく窓埋めを狙う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは。
今回はユーロドルの窓埋め狙いについて。自分としては十分な根拠で入れたエントリーかなと。それではまずチャート図から

2017年1月30日ユーロドル30分足

週明け月曜、窓開けスタートから窓埋めの方向に動いたところでエントリーです。続いて日足をご覧下さい。

2017年ユーロドル日足

日足で見ると緩やかにですがダウントレンドを形成しているかなという感じです。高値を切り下げ、徐々に下がっています。若干上がってきてはいますが、高値をブレイクしているわけではないのでまだダウントレンド継続中かなという印象です。ただ1.038ドル台辺りで反発しているんでここら辺が下げ止まりかなという感じですね。
長期で見てダウントレンド、そして窓開けスタートからのトレンド方向である下方向へ窓を埋めるように動いた為、自分的にはほぼほぼとれるんじゃないかなと思いエントリーです。利食いはちょうど窓を埋める辺りに設定です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

エントリー根拠・ポイント

  • 日足で見て緩やかではあるがダウントレンドを形成している為、売り優勢と判断。
  • 若干上がってきてはいるが、高値をブレイクしてはいない為、この段階ではトレンドは継続中と予想。
  • 窓を開けてからの窓埋め方向に動いた為、窓を埋める方向に行く可能性が高いと判断。

エントリー結果・考察

2017年1月30日ユーロドル30分足

無事利食い出来ましたー。記事を書いてるのが2月4日なんですが、チャートを見ると若干買いが優勢になってきていますね。ですが1月30の時点では売り方向のトレンドがまだ継続しているような印象でしたので窓埋め狙いとトレンドフォロー、二つの根拠が重なり十分に納得できるトレードになりました。仮にこれが明らかな上昇トレンドであればエントリーしていなかったと思います。トレンドの動きの方が自分は重要だと思っていますから。窓が開いていて窓埋め方向に動いたというだけでは十分な根拠にはなりませんからね。相場環境を考慮しつつエントリーしていきましょう。

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする