ドル円戻り売り サポートラインを目安に根拠のある損切りを

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは。
今回はドル円の戻り売り、サポートラインを目安に損切りを設定したのでその辺の根拠とポイントを書いていこうかと。

1月18日ドル円1時間足

黄色〇の辺りで売りでエントリーです。相場の流れ的には売りが優勢かな、という印象ですね。長期足で見ても少し下がってきているし、高値安値を切り下げながら緩やかにトレンドを形成しているので売りで入りました。2回反発しているサポートラインが引けたので、ここを目安にしてのエントリーです。このラインのちょい上辺りを損切りに設定してます。このサポートラインがレジスタンスラインに転換しないようならダマシで抜けた可能性もあります。このラインが効くようなら環境的に売りなことは間違いないかなと。ここを抜けて上に行くようなら環境的に買い方向なのか売り方向なのかどっちつかずな相場環境なんでここが一つの目安かなと思います。抜けて損切りになるようならしばらく様子見ですかね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

エントリーの根拠・ポイント

  • チャート図を見た感じ緩やかに下がってきている印象、流れに沿って売りでエントリー。
  • サポートラインが引けた状態でそこを割って下がっており、ここが一つのポイントになると判断。損切りをこのラインのちょい上に設定し、抜けて損切りになるようなら方向性が分からないのでしばらく様子見。

エントリー結果・考察

1月18日ドル円1時間足

残念、損切りでしたー。そのあと上昇してレンジ気味になっちゃいましたね。エントリーするタイミングが少し早かったかもしれないですね。チャートの流れ的に売り方向にトレンドが出てると思ったんですがね~・・・。
この日イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の発言でドル買いが加速してドル高が進みましたからね、今回はしょうがないです。相場の方向性が出るまでエントリーは少しお休みですねzzz…。

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする