昨日に引き続きドル円戻り売り!トレンドラインを引き直してのトレード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは。

前回の記事で損切りで終わりましたが、ラインを引き直しての戻り売りエントリーです。
流れとしてはまだまだ売り方向へのトレンドが出ているんで売りが優勢かなと判断しました。
それではチャート図から

2017年7月19日ドル円1時間足

綺麗にダウントレンドですね。
トレンドラインも引けて反発を繰り返しながら下がっています。かなり効いているラインだと判断できますんでラインでの反発を確認できたところでエントリーしました。
前回損切りした値の辺りでトレンドラインを引き直したところ綺麗にライン上で反発していたんで効いていると自分は判断しました。
7月18日のトレードよりも綺麗なラインが引けましたね~。根拠は十分にエントリー出来ます。

2017年7月19日ドル円15分足

で、エントリーした足は15分足。
戻しを付け、トレンドラインで反発し下がったところでエントリーです。
利食いは111.753円。
損切りは112.392円に設定しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

トレード結果・考察

2017年7月19日ドル円15分足

無事利食い出来ました。
やはりトレンドラインが綺麗に引けると強いですねー。
まぁ前回は損切りでしたが・・・
トレンドラインが綺麗に引けるという事は市場参加者に意識されているという事になります。
ライン上での反発がその証拠ですね。
ライン上で反発している値に近づいたことで市場参加者の売りが入り値がまた下がる。その繰り返しによってトレンドが出来る。
この流れに乗ってエントリーしていく事が一番リスク無くトレードできるのかなと自分は思います。もちろんラインをブレイクしてトレンドが転換することも多々ありますが、トレンドってのは継続しやすい傾向にあります。特に長期に渡って継続しているトレンドであれば間違いなくトレンドに乗っかってトレードしていく方が期待値はあるでしょうね。
今回は日足環境はレンジ帯でしたが1時間足ではトレンドラインが引け綺麗に反発していたんで売りの方が期待値はあると踏んでのエントリーです。1時間足より短い足の15分足で大きいpipsを取っていくんではなく1時間足のトレンドを細かく取っていく感じでエントリーしたんですが、方向性としては間違ってなかったかなと。
このまま日足環境でトレンドが出てくれればいいんですがね~。
日足環境はやっぱり大事ですから・・・。

2017年7月損益

  • 7/1 EUR/JPY lot数0.1 +514円
  • 7/1 EUR/USD lot数0.2 -737円
  • 7/5 EUR/JPY lot数0.1 +233円
  • 7/7 EUR/JPY lot数0.6 -902円
  • 7/7 USD/JPY lot数0.1 +462円
  • 7/11 USD/JPY lot数0.4 -780円
  • 7/11 EUR/JPY lot数0.5 +185円
  • 7/11 USD/JPY lot数0.6 +618円
  • 7/11 EUR/USD lot数0.3 +1,301円
  • 7/13 USD/JPY lot数0.1 -803円
  • 7/18 EUR/USD lot数0.3 -744円
  • 7/18 USD/JPY lot数0.4 -670円
  • 7/18 USD/JPY lot数0.2 +598円

トータル -725円

2017年FXトータル損益

+7,787円

総資産 150,343円

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする