トレンドフォローで惨敗・・・方向性は間違っていなかったが一時的な逆行で損切りくらう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは。

ユーロドルで長期短期ともにダウントレンドを形成していたので流れに沿って売りでエントリーです。
短期足で引いたトレンドライン上で反発したところを確認できたので入ったんですが・・・
それではチャート図から

2017年4月3日ユーロドル5分足

高値でトレンドラインが引けます。
トレンドライン上で反発を確認できたのでエントリーしました。
利食いは直近の安値ちょい手前に設定してます。2回ほど反発していますのでこの辺で一回利食いしておこうと考えました。
ちなみに1時間足で見ると

2017年4月3日ユーロドル1時間足

30分足だとこんな感じ

どの時間軸を見ても高値を切り下げダウントレンドを形成しているので売りが優勢なのは間違いないかと

スポンサーリンク
レクタングル(大)

エントリー根拠・ポイント

  • 長期足短期足ともに高値を切り下げダウントレンドを形成している為、売りが優勢
  • トレンドラインが引け、トレンドライン上で反発を繰り返しながら下がっている為強めに効いているラインだと判断できる。そこでの反発を確認後エントリー。
  • 2回反発している値がある。リスクを抑える為そこで一旦利食いするつもりでちょい手前に利食いを設定。

利食い・損切り設定

  • 利食い:直近の2回止められている値のちょい手前、1.06510ドル
  • 損切り:トレンドラインを抜けたところ、1.06751ドル

トレード結果・考察

2017年4月3日ユーロドル5分足

損切りでしたー。
エントリー後少し経ってから一気に値が逆行しましたね。この時アメリカでISM製造業景況指数の発表がありましたね・・・。結構注目されてる指標だったんですが完全に頭になかったです・・・。
23:00に発表だったんで直前にエントリーしちゃいましたね~、失敗失敗。

ちなみにその後の値動きを見てみると

2017年4月3日ユーロドル5分足

一時的に逆行した形になりその後また下がりましたね。

30分足で見ると

上ヒゲで損切りのような形になっちゃいましたね。レジスタンスラインが効いていてそこで止められてかなりもんでますね。上にいこうとして止められているので下への動きがやはり強いかなと。
損切り幅を広げれば利食い出来たかもしんなかったですねー。
ただ利食い損切りを広げるとそれだけリスクが高まりますからね。自分としては極力リスクは負いたくないなと。
トレンドラインを目安に損切り利食いを設定したんで今回はしょうがないですかね。
結構注目度が高い指標発表直前でエントリーしたのが悪かったです。
ただ方向性としては間違っていなかったかなと。
指標発表直前で短期足で入ったってのが反省点ですね~。一時的なものでしたが逆行して結果的に損切りでしたし。
違う足でエントリーしてれば結果は変わったかもしんないですね、ま、結果論ですが。次に生かしたいと思います。

2017年4月損益

  • 4/3 USD/JPY lot数5,000 +625円
  • 4/3 EUR/USD lot数5,000 -656円

トータル -31円

2017年トータル損益

+3,729円

総資産 87,580円

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする