綺麗に引けたトレンドライン! トレンドライン上での反発を目安にエントリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは。

ユーロ円できれいにトレンドラインが引けたのでエントリーです。
綺麗にラインが引けるとエントリーしやすいですね。それではチャート図から

2017年3月22日ユーロ円30分足

黄色の〇で囲ったところ、高値の部分できれいにトレンドラインが引けました。高値を徐々に切り下げ、ダウントレンドを形成していますね。続いて15分足

2017年3月22日ユーロ円15分足

ダウントレンドの中、戻り目を付けてトレンドライン上で反発したところを確認してエントリーです。
ライン上ぴったくらいで反発してくれると非常にエントリーしやすいですね。
利食いは直近の安値ちょい手前、119.834円に設定。
損切りはトレンドラインを抜けたとこ、120.290円に設定しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

エントリー根拠・ポイント

  • 30分足、15分足ともにダウントレンドの為、売り優勢。
  • 高値のところできれいにトレンドラインが引けた為、トレンドラインで反発したところを見ての戻り売り。
  • トレンドラインが引けた為、損切りはトレンドラインを抜けたところを目安に設定。
  • 利食いに関してはリスクを抑える為、直近の安値ちょい手前。

トレード結果・考察

2017年3月22日ユーロ円15分足

トレンドライン上で反発した後、そのままきれいに利食いポイントまでいってくれました。
今回のようにきれいにトレンドラインが引けると非常にエントリーしやすいですね。
トレンドラインが目安になってくれるので、トレンドが否定されたかどうかの判断が非常に付けやすいです。それに損切りもトレンドが否定されたとこに持っていけるのでリスクも抑えることが出来ますしね。損切り幅を大きくするとそれだけリスクが上がりますので。
サポートライン、レジスタンスラインだけでなくトレンドラインも市場参加者に非常に意識されるラインなのでとても大事なラインになります。
チャートにラインがきれいに引けるとそれだけリスクを抑えた利食い損切りが設定できるので、ラインは必ず意識してエントリーしていきましょう。

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする