ドル円押し目買い レジスタンスライン直前での反発するリスクを考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは。久々の考察日記になります。
今回はドル円の押し目買い、15分足で綺麗にアップトレンドを形成していたのでエントリーです。それではまずはチャート図から

2017年2月21日ドル円15分足

赤矢印でエントリーです。黄色のところ、2回反発しているレジスタンスラインが引けます。ここから一度押し目を付け、また上方向に動いたのでエントリーです。流れを見ると緩やかに上昇トレンドを描いています。ですので流れに沿って買いでエントリーです。利食いはレジスタンスライン付近、ちょい手前に設定しています。レジスタンスライン直前での反発の可能性がある為です。なのでレジスタンスライン上ぴったりではなくちょい手前に利食いを設定しています。直前での反発や、あともーちょいで利食い出来たのに・・・、とか結構あるんで今回はそこを考えてのエントリーです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

エントリー根拠・ポイント

  • 緩やかな上昇トレンドを形成。買いが優勢と判断。
  • 流れに沿って基本通り押し目買い。押し目を付けて上方向に動いたところでエントリー。
  • レジスタンスライン上直前での反発のリスクを考え、レジスタンスラインちょい手前に利食いを設定。損切りのリスクを減らす。

エントリー結果・考察

2017年2月21日ドル円15分足

無事赤矢印で利食い出来ましたー。
今回は結果だけ見ればレジスタンスライン上に利食いを持って行っても利食い出来たと思いますが、今までの経験上結構な頻度で利食いポイント直前での反発ってのを経験しているので、その反省を活かしてのトレードでした。
利食いを大きく取るより損切りのリスクを減らすことを意識しているので間違ったトレードではないと思っています。
トレードスタイルは人それぞれなんで人によっては勝率を下げて一回の利益を多くとる方などもいますが自分は利益額より勝率を重視しています。極力リスクは負いたくないんですよね。
負けないってことは少しづつでもプラスになっているってことですから。これからも欲張らずコツコツちまちまやっていきます。

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする