ユーロドル戻り売り 長期で方向性の出ていない中、短期足でのトレンドを狙っていく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは。
最近の相場は決まった方向性が出ていないので非常に狙いづらくなっていますね~。
そんな中ユーロドルで狙えそうなところがあったんでエントリーしました。それではまずはチャート図から

2017年2月7日ユーロドル日足

赤枠で囲ったところレンジ帯での値動きになっています。上限1.07950ドル下限1.03889ドル台で方向性のない値動きをしています。この上限下限を大きく超えるまでは買い、売りどっちが優勢かってのは判断できませんね。では短期足を見ていきましょう。

2017年2月7日ユーロドル15分足

緩やかなダウントレンドを形成していますね。エントリーは黄色〇のところ、戻しを付けて下へ動きを見せたところでのエントリーです。長期ではレンジで方向性がない状態でしたが、15分足できれいにトレンドが出ていたので、短期足での細かい戻り売りです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

エントリー根拠・ポイント

  • 長期足ではレンジ帯での値動きの為、大きいPipsは狙わず、細かく狙っていく。
  • 長期ではレンジだが短期では綺麗なトレンドが出ている為、そこを狙う。

エントリー結果・考察

2017年2月8日ユーロドル15分足

1.06596ドルで利食いですー。で、その後また上がって短期でもレンジ帯の値動きになっていきましたね。
長期でもレンジ、短期でもレンジとなるとエントリーは控えた方がいいでしょうね。ただ今回は長期ではレンジでしたが短期では高値安値を切り下げ、トレンドを形成していたので入りました。
長期の方向性が出ていない中で短期のトレンドを狙っていく場合は大きいPipsは狙わず細かく取っていくのを意識していきましょう。

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする