ユーロ円押し目買い 円安が進んでいると踏んでのエントリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは、wataです。
今回はユーロ円押し目買いの実践トレード考察記事です。
まずは11月28日時点での日足から

11月28日ユーロ円日足

長い期間ダウントレンドになっていたところからアップトレンドに切り替わっています。目安として赤の斜線を引いています。
11月24日の記事の時と同じ時期にアップトレンドに切り替わっています。つまり・・・
円安が進んでいる、ということになりますね。ドル円、ユーロ円で同じ値動きをしているってことは「円の値」が動いているってことです。詳しくはこちらを参考に。
二つのチャートが同じ値動きをしているので円が動いているとみて間違いないと思います。
それではエントリーポイント、根拠について

11月28日15分足

黄色の〇のとこでエントリーです。週明け月曜なんで青枠のところで窓が開いていますね。長期足でみてアップトレンドのなか押し目を付けて上に動き始めたところでエントリーです。窓を埋めるあたりに利食いを設定してもよかったんですが黄色のライン辺りが利食いポイントです。今回チャートが動き始めた早めの段階でエントリーできたんで(いつもは仕事の関係上中途半端なとこでばかりのエントリーなんで)とりあえずはラインを引いたところまでいってくれればそこで利食いし、そのあとチャートの動きを見てからエントリーのポイントを探していこうかと考えました。リスクを減らし細かくとっていくのが自分のスタイルなんでこのラインで一旦利食い出来ればなと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

エントリー根拠・ポイント

  • 長期足でトレンドが切り替わりアップトレンドになっている為、買い方向が有利。
  • ドル円のチャートも似た動きをしている為、円安傾向だと判断。ユーロ円でも同じように値が動く可能性が高いと判断した。
  • 押し目を付けたところが自分としては早めにエントリーできた為、リスクを減らすため早めの利食いと損切りで細かくとっていく事を考えた。

トレード結果

11月28日ユーロ円15分足

今回は損切りで終了でした。青線の辺りに損切りを設定していたんですがオレンジで囲った辺りで損切りラインにタッチして決済しました。その後多少下がり、そこから一気に上がって窓埋めまで行きましたね。
んー・・・結果後のチャートだけ見れば損切りをもーちょい下に置けばよかったかとも思いますが、リスクを減らすって意味では損切りのラインは間違っていなかったと思います。チャートがどう動くかなんて予想できませんし、この後下がり続ければそれだけ損してしまいますからね。利食いも損切りも自分で納得してエントリーしましたんで今回の結果はしょうがないですね。気にせず今後も自分のトレードをしていきたいと思います。

ブログランキング参加中です。良かったら順位見てやってください
↓ ↓ ↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする